親波を目標に攻めるのがFXの基本

親波の攻略の仕方 トレンド、波動

親波(あるいは支配波)を攻略するのがFXの基本となると、あきチャン先生は常々コメントしています。

チャートの中を波がどこへ向かおうしているのかをもし知ることが出来るなら、トレードの勝率を飛躍的に高めることが可能になりますが、そのためにはまず「どこの波の中で動いているのか」を確認することが大切です。

親波のイメージ

どこの波・・・つまりそれが親波です。

基本の4本線を引こう~3本の平行線とトレンドライン

最低限必要なラインがあります。平行線が3本とトレンドラインが1本です。

EURJPY4時間足 基本の平行線3本とトレンドライン

  • A 親波
  • ①親波の下限ライン
  • ②親波の上限ライン
  • ③ラス押しライン
  • ④アップトレンドライン
上昇のトレンドラインを割ってきたら、あきチャン先生の表現によると

親波を征服しに行く

ことになります。親波の攻略開始です。

親波征服のシナリオ(順張り方向)

とはいえ、アップトレンドラインを割り込んだからといって即エントリーするわけではありません。親波の攻略シナリオを想定しましょう。

※EURJPY4時間足のチャートは下方向が順張り方向となります。後述している「親波の左側を確認しよう」の項で確認してください。

ラス押し抜けからの戻りを待ってショート

一番の得策となるのは、ラス押しを一旦下抜けした後の戻りを待って売りを仕掛ける、戻り売りです。

親波攻略のシナリオ ラス押し抜けからの戻り売り EURJPY4時間足

ラス押し抜け前の戻り売り

トレンドをつけながらアップトレンドラインを下抜けしているケースでは、ラス押しを抜ける前に戻りがあった場合には、戻り売りです。

親波攻略のシナリオ ラス押し抜け前の戻り売り EURJPY4時間足

ただし、この場合には「一旦はラス押しのラインで止められるだろう」とあきチャン先生は話しています。

決済指値はなるべく親波の起点まで

極端な話、どこから乗っても親波の起点までなるべく攻めて行くことが基本

となります。もちろん、実践上、その手前に気になる強い節目などがあれば、現実に即してネガティブに親波の手前に決済を入れることが必要になりますが、あくまでも基本としては親波の起点までは波は到達するものだということを頭に入れておきましょう。

上昇のシナリオについて

ところでこのEURJPYでは、ラス押しラインあたりから上昇して親波の高値を目指すシナリオは考えられないのでしょうか?

親波攻略のシナリオ 上昇する可能性 EURJPY4時間足

これについては次の「親波の左側を確認しよう」をご参照ください。非常に重要なチャートの見方となります。

親波の左側を確認しよう

アップトレンドラインを割ってもすぐさまショートを打ち込むわけではありません。

環境認識がまだなら、親波の左側を確認します。

EURJPY4時間足 環境認識 大きく見ると下落3波

親波の左側には、さらなる高値のAの存在があります。親波が切り下がっていることが確認できます。

よって、対象の親波は大きく見ると下降トレンドの第2波、ピンクのトレンドラインを割った波は順張りの第3波目であることが分かります。

出っ張った値幅分、下に抜ける!?

この3波が親波を征服しに行く(親波の起点を目指す)わけですが、あきチャン先生の解説で注目されるのが、親波の上限ラインよりも上にある出っ張ったAの値幅分、Bに抜けてくるという理論。

言い方を変えれば、Aよりも2波(対象としている親波)の高値が切り下がった値幅分、親波の起点を下抜けするということですね。

よって順張り方向で親波の起点まで攻めて行けることになります。

あきチャン先生は「切り上がり」「切り下がり」を重要視していますが、これがなければFXのチャートの動きはエネルギー保存の法則(これもよくコメントしています)で永遠にNの繰り返しとなる?のかもしれません。

しっかり下抜けたのは、これから下落するサイン!?

これはなんで抜けてるかというと、下に行く意志があるから抜けてるんですよ

EURJPY4時間足 下抜けサイン

上のコメントは赤○で囲った、親波の起点を一旦下抜けした部分に対してのものです。

一度は戻りを見せますが、下に行く意志があるとの見立て通り、再度親波の起点ラインを割って日足ラインまで下落しています。

EURJPY日足 下抜けサインからの下落

しっかり抜けた、抜けが甘かった、の見極め方とその後の値動き・トレンドの検証
あきチャン先生の動画で学習をしていると、「しっかりと抜けている」「抜けが甘い」という解説をよく耳にします。 例えば、ゴールデンウィークのドル円の戻り売りの局面。 4時間足チャートのトレンドラインを割ってきたので日足チャー...

親波征服のシナリオ(逆張り方向)

EURUSDの4時間足チャートです。

逆張りとなる親波攻略 EURUSD4時間足

  • A 親波
  • ①親波の上限ライン
  • ②親波の下限ライン
  • ③ラス戻りライン
  • ④ダウントレンドライン
親波の押し波に対して、引き波が入ると想定出来る場面。ダウントレンドラインを上抜けして、ラス戻りラインで抑えられて、トレンドラインに対してリテストが入ってから再度上昇しています。

ですが、実は積極的には攻めて行けない状況です。上位足の日足チャートを確認をすると

逆張りとなる親波攻略 EURUSD日足

ひと目で分かる通り、切り上がりの要素がまるでなく、トップが切下がっているという判断しか出来ません。

よって4時間足のダウントレンドラインを上抜けして親波の高値を目指す方向の動きは、ダウントレンド中の動きとなり、逆張りになると確認されます。

この逆張りとなる場合は、トレンドレスとして手を出さないという選択も必要になります。

切り返しを獲るためにエントリーするにしても、親波の①のラインまでは攻めることは難しく、③ラス戻り付近までか⑤小波のあたりまでにして、慎重にトレードしましょう。

親波攻略の手順のざっくりまとめ

  • まずはどこが親波になっているのかを見つける
  • 親波の高値、安値、ラス押し戻りの3本の平行線とトレンドラインの4本の線を引く
  • 親波の高値・安値は切り上がっているのか、切下がっているのか、チャートの左側を見て確認する
  • 長期足でも環境認識を行って順張りとなるのか、それとも逆張りとなるのかを確認する
  • 親波の征服の範囲(全指しか中間までか)を決める
これは基本中の基本。押し波→引き波→押し波→引き波、ただコレの繰り返しで、FXはそれを征服していくということ。親波のトップが切下がっているのか切り上がっているのかを判断することも基本のキホンなので、これを頭に叩き込んでやって行くと、そんなに方向性を間違えることはないし目標値も間違えることがない。

FX土曜勉強会《164》FXは波獲り合戦である

親波を攻めるシナリオで重要な「ネックライン」について

チャートの水平ラインで非常に重要なラインとなるのが「ネックライン」ですが、当該動画ではネックラインについて触れられていません。

ネックラインを含めたFXの基本的シナリオについては、こちらのページをご参照ください。

FXトレードの基本となるシナリオを学習する【超基礎編】
FXの基本的なシナリオの立て方は、親波を征服(攻略)して行くことになります。 攻略対象の親波はどの時間足のものかは、人によって、あるいはその時の相場環境によっても違ってくるかと思われますが、あきチャン先生の場合は日足で環境認識をするこ...

チャート分析テクニック

動画の中でふいに飛び出すコメントから、チャート研究家のあきチャン先生の理論や考え方が垣間見えることがあります。以前の動画の解説を聞いた時にはよく分からなかったけど、そういうことだったのか、なんてこともありますよね。

飛び乗りOKのエントリーについて

緑○中で切り上げラインを下抜けていますが、トレンドをつけているので飛び乗りOKとしてます。

もしトレンドをつけずに割った場合は、切り上げラインへのリテストを待ってのエントリーとなります。

EURJPY4時間足 エントリータイミング 飛び乗りOK

※私見 この飛び乗りOKについては、トレンドをつけて切り上げラインを下抜けしたからという単純な理由だけではない気がします。それだけが理由であれば、ピンクのアップトレンドラインを割った時にはトレンドをつけて下抜けしているわけで、そこも飛び乗りOKなはず。

でその理由を考えてみると、緑○中の切り上げラインの下抜けは、同時にラス押しラインの抜けでもあること。また、

EURJPY4時間足 下落3波の3波

緑○は下落3波中の3波であったことも理由かと思われます。3-3波は勢いがあるので飛び乗りOKでしたが、このあたりの複合的理由によってのものかと考えています。

タイトルとURLをコピーしました