第4波のカウントと第2波とのエネルギー比較で判ること

第4波が第2波より小さい USDCAD4時間足チャート あきチャン動画学習ノート

下のチャートはCADJPY4時間足ですが、左側のダウントレンドの波動をカウントした場合、第4波はどこになるでしょうか?。

CADJPY 4時間足チャート

すんなりと数えると、

CADJPY4時間足チャート 3-2波

黄色囲みの波を第4波と数えてしまうかもしれませんが、あきチャン先生のカウントではこれは第4波ではありません。

CADJPY4時間足チャート 第4波

ピンクの囲みの波が第4波となります。

第3波は第1波のエネルギー分出ているか

波動のカウントでまず着目しなければならないのが、N(トレンド)が完成しているかどうかです。

第1波⇒第2波⇒第3波のトレンドの完成は、第3波のエネルギー(値幅)が、第1波のエネルギーと同等かそれ以上になる必要があります。

第3波の完成の判断 CADJPY4時間足チャート

オレンジの矢印が第1波の値幅ですが、そのオレンジ矢印を第3波の起点に合わせると、赤水平破線が第3波が到達しなければならない値幅となります。

よって第1波、第2波、第3波はこのようになります。

第1波、第2波、第3波 CADJPY4時間足チャート

第3波はさらに、

第1波、第2波、第3波 CADJPY4時間足チャート

3-1波、3-2波、3-3波のカウントになります。

第4波、第5波 CADJPY4時間足チャート

よって第3波に続く波が第4波、第5波のカウントになります。

この第4波を、反転上昇の第1波と見がちですが、正しい反転上昇の第1波は、

反転上昇の第1波

ピンクの矢印の波が第1波となります。

第4波と第2波のエネルギーを比較する

第4波のエネルギー(値幅)と第2波のエネルギーを比較して、

第4波が第2波より大きい 反転上昇の第1波

第4波の方が大きい場合は、「トレンドを転換して行く勢いがあると判断してみてください」と、あきチャン先生は解説しています。

CADJPY4時間足チャートの反転上昇のその後ですが、今度は第4波が第2波よりも小さくなっています。

第4波が第2波より小さい CADJPY4時間足チャート

第4波の方が小さい場合は、切り返す勢いが弱いと判断することになります。

が、少し分かりづらいので、同じカナダドルのペアのUSDCAD4時間足チャートの方を見てみます。

第4波が第2波より小さい USDCAD4時間足チャート

同じく第4波の方が小さくなっていますが、反転する勢いが弱いため第5波(あるいは新たな第1波)がトレンド継続方向に大きく出たことが分かります。

学習動画 FX土曜勉強会《197》年末ご挨拶&トレード動画

FX土曜勉強会《197》年末ご挨拶&トレード動画

タイトルとURLをコピーしました